よくある質問と答え

使用編

カラコンをビンから取り出した状態で使用しても大丈夫ですか?
ビンの中の液体は生理食塩水になります。
一度、ケア消毒液での洗浄をした後に着用してください。
ビンの開け方がわかりません。
こちらに図入りの解説をご用意いたしました。
よく目が乾くのですが、カラコンを着用したまま目薬は使用できるのですか?
基本的にカラコン着用時にはコンタクトレンズ専用の目薬しか使用できません。
購入時にご確認をお願いいたします。
カラコンのケアはどうすればいいですか?
カラコンは水分を多く含むため、毎日必ずケアを行ってください。
レンズに触れる前に石鹸できちんと手を洗っていただき、レンズのこすり洗いを行ってください。
ケア用品はソフトコンタクトレンズ用を使用し保存・消毒・タンパク除去を正しく行ってください。

※TRUSTY TRUSTY(R)のソフトコンタクトレンズを消毒する際に、
過酸化水素系、アルコール系やℓ-メントールを含む消毒剤はご使用にならないでください。
(お近くのドラックストアなどで購入する際に、カラコンの消毒をしたいと言えばわかります。)
洗浄・消毒・すすぎ・保存はレニューセンシティブやレニューフレッシュ、
タンパク除去剤はレニュー・デイリー・プロテインリムーバーをおすすめしております。

詳しくはコチラ
TRUSTY TRUSTY(R)のケア(タンパク除去)はどうすればいいですか?
コンタクトレンズを装用していると、必ずレンズにタンパク質がついてしまい、装用感を悪くしたりレンズをくもらせるだけでなく、放っておくと角膜(黒目の部分)を傷つけたり、アレルギー性の結膜炎を引き起こす原因になることもありますので、かならずタンパク除去を行うようにしてください。オールインワンタイプ(洗浄、保存、タンパク除去が一緒のタイプ)を利用している場合でも、専用のタンパク除去剤を使用して汚れをきちんと落としていただくと効果的です。弊社では、レニュー・デイリー・プロテイン・リムーバーをおすすめしています。
タンパク除去はどの位の頻度で行えばいいのでしょうか?
目のコンディションやお使いのタンパク除去剤によって異なってしまうため、明確にお答えすることはできませんが、弊社でおすすめしておりますレニュー・デイリー・プロテイン・リムーバーの場合はソフトコンタクトレンズ用消毒剤に毎日一滴加えて使用することにより、レンズの消毒とタンパク除去を同時に行うことができます。一度タンパク除去を始めた場合4時間以上レンズの使用は控えてください。(4時間以下の場合、きちんと汚れが落ちきらない場合があります)
洗浄液とタンパク除去剤は何を使っても大丈夫でしょうか?
弊社でも、市場に出回っているすべての除去剤を試してはおりませんので明確なことはお答えできませんが、成分が合わないとトラブルの原因に繋がる場合がございます。基本的にどこのメーカーの物でも大丈夫だと思いますが、弊社のカラコンと相性が良いのは、レニューセンシティブ・レニューフレッシュとレニュー・デイリー・プロテイン・リムーバーの組み合わせでございますのでこちらをおすすめしております。
コールド消毒って何ですか?
カラコンは毎日の消毒お手入れが必要です。
コールド消毒とは、煮沸機を用いず熱を使用しないコンタクトレンズの化学的消毒方法です。
どこでも簡単・手軽にケアができてしかもカラコンにやさしい消毒方法です。
レンズケースもお手入れの必要がありますか?
レンズケースも毎日の洗浄と乾燥が必要です。
レンズケースの洗浄は水道水ではなく、カラコンと同じ洗浄液を使用してください。
カラコンをしたままでうたた寝してもいいですか?
目に必要な酸素が不足気味になり、眼に悪影響を及ぼす恐れがあるため、仮眠の時でも必ずカラコンをはずしてください。
カラコンをしたまま、お風呂・プール・サウナに入ってもいいですか?
お風呂:水や石けんが目に入らないように気をつけてください。
プール:カラコンが流されてしまう可能性があるので、はずすことをおすすめします。
サウナ:カラコンが乾燥してしまう可能性があるので、はずすことをおすすめします。
カラコンを水道水ですすいでもいいですか?
水道水には微生物が含まれていることがあります。安全のため水道水は使用しないでください。
ケア用品も販売していますか?
販売しております。ケア用品のご購入希望の方はケア用品一覧からご購入いただけます。
開封して1ヶ月以降でも、使用可能ですか?
1ヶ月間の使用期限経過後のカラコンのご使用は直ちにお止めいただき、新しいカラコンをご購入ご使用ください。
眼科検診はどれくらいの間隔で受けたほうがいいですか?
3ヶ月に1回は定期的に検診を受けることをおすすめします。
目薬はどのようなタイプのものを使用しても大丈夫でしょうか?
カラコン装用時は、病院で処方されるステロイド剤や、消炎効果を含むタイプの目薬や、緑内障治療剤などは併用してご使用いただけません。

また、薬局やドラッグストアで販売している目薬は、大きく分類してコンタクトレンズ専用の目薬と裸眼専用の眼精疲労や目の充血に効く目薬がありますが、裸眼専用の目薬には、コンタクトレンズが使えなくしてしまう成分(ℓ-メントール等)が入っている場合がございますのでおすすめできません。

必ずソフトコンタクトレンズ用(使い捨てレンズ用ではないもの)で、お客様の眼の症状に合った目薬を薬剤師や専門医にご確認いただけますようお願いいたします。
  • ページTOPへ
  • 安全性について